雪が山を覆う夜 足跡ひとつ残らない
隔絶された王国 私はその女王
風がうなる 心の嵐のように
私の苦しみを天だけが知ってる


秘密を悟られないで いつも素直な娘で
感情を抑えて隠さなければ でも知られてしまった


これでいいの かまわない
もう何も隠せない
これでいいの かまわない
過去に扉を閉ざすのよ



もう気にしない 何を言われようとも
嵐よ 吹き荒れるがいい
寒さなど平気よ


遠くから眺めるとすべてが砂粒のよう
恐れは遠く去り もう私を苦しめない
怯えることなく未知へと突き進む
善悪やルールに縛られずに 私は自由よ


これでいいの かまわない
風と空は私のもの
これでいいの かまわない
二度と涙は流さない
自分の道を行く


ここは私の王国
嵐よ 吹き荒れるがいい

大地のパワーが大気と地に満ちる
氷の図形のように私の魂が広がる
結晶となって想いが形づくられる

二度と戻らない
過去はもう過ぎたこと


これでいいの かまわない
新しい夜明け
これでいいの かまわない
理想の娘は もういない

私の道を行く

輝く光を受けて
嵐よ吹き荒れるがいい
寒さなど平気よ